Enumeration

1992年生まれの生きづらい性格の人生について羅列しています

初めまして

ゆうやと言います。1992年生まれの今年で25歳になるしがない人間にです。

 

物心ついた頃から吃音があり、たぶん自分ではっきりと自覚したのが高校1年生の頃で、その頃から心療内科に通うようになり、今年で8年?9年?ですかね…。

簡単に言うと吃音から派生してうつ病、社交不安障害のような症状が今でもしばしばあります。

 

高校を卒業して、夢、目標にしていた保育士を目指すために県外の短大へ進学しましたが、想像とかけ離れた学生生活に落胆し、「こんな学校で保育士になる意味があるのか」と考えるようになりました。自分の頭の悪さもありましたが、本当に動物園の様な短大でした。

まあ、これは建前で本音は吃音で人前に立つのが不可能だったからです。苦手云々ではなく、出来ないのです。人前に立つと尋常ではない緊張に襲われ、頭が真っ白になり、そして更に吃音もあるのでうまく行くはずがないですよね。

そんな訳で3ヶ月くらいで自主退学せざるを得ませんでした。(その間にも実習でお世話になる保育所の先生にボロクソ言われたり散々でした。)

 

そこから、地獄の毎日です。

家では父親に理解してもらえず「早く働け」のオンパレード。そしてその言葉を鵜呑みにしてバイトに挑戦。

洋食レストラン→あまりに杜撰な教育(適当な指導で完璧を求められる、パスタの中にビニール袋が入っていたのを何の関係のない僕のせいにされ客の前上で謝罪)等々あり、4日で辞める。その際にも店長にボロクソ言われる。(君、ドカタになった方がいいよ笑、等々)

 

マリンスポーツ施設→最初は上司がいい人だったので半年の期間満了。2年後再挑戦するが、何の指導もなくセーリングカッターの組み立てやお客の案内など任される。最終的に辞めることに。

 

本屋→短時間少シフトで1年半くらい続けたが、上司がクソすぎて喧嘩みたいな形で辞めることに。

 

まだまだ、障害者施設や雑貨屋の品出しなど1日で辞めたのもあります。

つい先日、データ入力会社の仕事も辞めました。1年10ヶ月くらい続きました。正社員も誘われあと1歩というとこまで来たんですが、駄目でした。こちらは上司はとてもいい人ばかりで逆に自分の不甲斐なさが極まってしまった形です。

 

甘えと言ったらそれまでなんですが、本当に生きづらい性格だなと思います。我慢すればいい話なんですが逆にそこまで執着する必要があるのか、と思ってしまう自分もいるんですよね。

 

25歳で正社員経験なし。終わってますよね。

精神障害者手帳も所持しているのでほとんど障害者みたいなものでしょう。

 

同じ境遇の様な人がいればいいんだけどなぁ。