Enumeration

1992年生まれの生きづらい性格の人生について羅列しています

一段落

前回から3ヶ月、日が空いてしまいました。

3月は特に何もなく…。月末から4月はじめにかけて京都・大阪へ旅行へ行ってきました。
桜を見ようという目的で電車で3時間近くかけて行きましたが、結局見れず…。
でも、今回は計画から実行まですべて一人で出来たので良かったな…と。

4月は月末に趣味の卓球の大会に出場して、2部トーナメントでベスト8でした。
2時間程度しか練習してなかったのですが、何回か勝てたのでよかった。。。

5月はGWに母親と大げんかして、口も聞かず、ずっと反抗していたので辛い期間でした。結局お互いに譲歩して仲直りしましたが、あくまで近すぎず、遠すぎずの距離を保ちたい。通院している先生からも「メンタルが悪くなった時のブレが大きいから、そこも考えよう。」と言われたので、自分でも意識して考えを変えていかなくては…。
先々週から通院している病院のカウンセリングもしてもらえることになったので少しずつ考えの歪みを直していきたいと思っています。

今日は何故か朝7時に起きれたので、朝から漫画喫茶に篭って明日のカウンセリングのための書物をしていました。
僕は考えの歪みというか、極端なネガティブ思考で、極端に自己評価が低いので、その点について調べたりして客観的に見てみようという事をやってみようと思っています。


ストレスが溜まりやすい性格なので、なぜ溜まりやすいかと考えてみて
①→自己評価が低く、他人の評価を受け入れ難い。(謙遜?)
なぜ評価を受け入れにくいのか
②→自分に自信がない。
なぜ自信がないのか
③自己評価が低いから

こうなると無限回廊になってしまうので、ここで一区切り。
自己評価を上げる(これ以上下げない)ためには、
①完璧に物事を遂行しようとしない。(周りも完璧にやってる訳ではないので70点ぐらい取れたら、の気持ちで)
②周りは自分が思っているより適当な人ばかり。仕事なんて3割位の力で真面目にやってれば評価される。
③言われた事はしっかりやり(でも力を抜いて)、今後に楽しみを作る。(旅行など)


そして、まずストレスは溜めこまないこと。少し溜まってきたら取り除く。
①仕事の帰り道に爆音で音楽を流して帰る。
②ストレスの根源を10~15分程紙に書いて、書き終えたら考えるのを辞める。
[ストレスの根源~]
[それに対する自分の気持ち]
[それは客観的に見てどうか]
[そこから得られるもの、考えは?]
というふうに整理してみる。
③そして、大事なのは「自分にとって都合の良い解釈をする」こと。
相手も理不尽な事で自分にストレスを溜めさせたかもしれないので、こちらも理不尽に都合よく解釈をしてストレスを軽減させてもバチは当たらない。


という風になってみました。備忘録
また、明日カウンセリングを受けたら備忘録としてブログに書ければ…と思います。